top of page
検索
  • 弁護士 伊藤和子

2023年は1月6日よりスタートします。新年もどうぞよろしくお願いいたします。



2022年は皆様にたくさんのご厚情をいただき心より感謝申し上げます。

2022年は長年取り組んでまいりましたAV被害の問題で画期的な新法が成立ました。これまでともに涙を流しながら被害回復のためにご一緒してきた当事者の方のお一人お一人のお顔を心に浮かべながら、少しでも被害者が救われる法律となるよう提言や発信をしてきました。勇気を出して声を上げてくださった方々の思いにようやく少し報いることができました。新法という強い武器を得て、引き続き被害救済に取り組んでまいります。

また、従前より取り組んでいるビジネスと人権の分野、刑法性犯罪規定改正などの分野でも、これまでの経験に基づき、講演・提言等の機会をいただき、少しづつではありますが、何かが変わろうとしていることを実感いたします。

2022年は、このほかにも、理不尽な現実に声を上げて解決を図ろうとする方々の伴走をする機会に恵まれました。2月には、元SEALDsで活躍された女性への名誉棄損訴訟で東京高裁で勝訴、春以降は、吉野家常務取締役による女性蔑視発言問題に関わって活動しました。

年末には、テラスハウス出演を機に誹謗中傷を受け、自死された木村花さんのご遺族の代理人として、損害賠償請求訴訟を提起しました。

そして、離婚や相続、消費者被害etc、おかげさまで引き続き多くの案件に取り組んでおります。

2023年はコロナも相当程度に収束すると期待し、より積極的に対外発信を進めてまいりたいと思います。

新年は1月6日よりスタートいたします。

どうぞ新年が皆様にとって輝かしい一年となりますように。新年もどうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:7回0件のコメント
bottom of page